2010年01月29日

床塗り

壁の漆喰も無事終了。
続いてこれまた面積のある床。
オイルステインで塗装。
本日は新規スタッフ高須賀ちゃん&饗茶庵からミヤコちゃん2名の女性助っ人。

日光珈琲 209.jpg

オイルステインは刷毛で塗って、布巾でのばし染み込ませる。
学校の掃除の時間を思い出します。

日光珈琲 212.jpg

二人ともよく働きます。
高須賀曰く、「カフェの仕事を早くしたいから」
そうです、カフェのスタッフ募集できてなぜか塗装作業をしている彼女達。

心強いスタッフです。
posted by 饗茶庵 at 02:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しっくい

オープンして9ヶ月。

おかげさまで、上々の出だし。
地元、日光の方々、はるばる県外からお越しのお客様。多くの方々に支えられ日々精進しております。

久々の更新です。
工事のつづきまとめてUPしていきますよ。

今日は壁の漆喰塗り作業です。
平屋建てながら60坪ほどの広さにもなる店舗部分。
その多くを占める部分、壁の上塗りです。
この日は出来るだけ多くの人の手をということで、
おなじみ大工のAちゃん、アナログ片山氏、Cocoloyaアユム氏、新店長ケンちゃん、新規スタッフ高須賀ちゃんに声を掛け、みんなでコテを片手に塗り作業。

日光珈琲 168.jpg

素材はもちろん栃木県葛生産。地産地消?です。

日光珈琲 188.jpg 日光珈琲 216.jpg

皆、漆喰初心者ながら、結構ハマッテます。
最初は和気藹々にトークしながらの作業でしたが、
暫くすると無言状態。真剣に漆喰と向かい合ってました。
posted by 饗茶庵 at 01:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

突然ですが・・・

更新もないままに
4月1日カフェオープンしてしまいました。
工事の様子は追々更新する予定です。

日光珈琲 241.jpg 日光珈琲 268.jpg

日光珈琲・饗茶庵
〒321-1261 日光市今市754 金次郎長屋
OPEN 11:30〜21:00(20:30 last order)
Close 月曜日
/fax 0288-22−7242

posted by 饗茶庵 at 02:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

タイル・タイル・タイル

トイレの床はやはりタイル。

栃木でカフェをやっている鈴木さんから頂いちゃいました。
その数90枚。
金銭的に助かりました。
その代わりといっては何ですが、お店の宣伝。
THE PANTRY http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=5336
心地よい音楽の流れる、落ち着ける空間です。

日光珈琲 172.jpg 日光珈琲 176.jpg 日光珈琲 178.jpg

交互に接着して、乾いたら目地を埋める。
THE PANTRYのエントランスとお揃いになりました。

ついでに手洗い部分の壁に白タイル。


posted by 饗茶庵 at 22:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

壁・下塗り

日光珈琲 109.jpg 日光珈琲 103.jpg 日光珈琲 112.jpg

壁、下塗り中です。
何となくカタチが見えてきたかなー。
それにしても、広い。塗っても塗ってもまだまだあります。

にもかかわらず・・・

日光珈琲 107.jpg

予約していた椅子が届いてしまいました。
その数なんと50脚。
あっちへ移動し、こっちへ移動し、作業してます。

日光珈琲 125.jpg

その間、大工のAちゃんは床張り完了。

急ピッチ、急ピッチ!
posted by 饗茶庵 at 00:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

Cocoloya プレオープン!!!

日光珈琲 147.jpg 日光珈琲 148.jpg 日光珈琲 151.jpg

なかなかいい感じになってまいりました。
建設中カフェ隣にCocoloyaさんがプレオープンしました。
http://homepage3.nifty.com/cocoloya/

3軒揃ってのグランドオープンまでカフェ建設急ピッチで進行中。

おしりを突かれる思いです。
posted by 饗茶庵 at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

キッチン2

床と腰壁の防水仕上げは平トタン。

日光珈琲 086.jpg

排水口の部分も一つ一つ穴をあけて

日光珈琲 090.jpg 日光珈琲 089.jpg 日光珈琲 091.jpg 

結構細かい仕事です。

日光珈琲 100.jpg

らしくなってきた。
あとは厨房機器の搬入のみ。





posted by 饗茶庵 at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

キッチン

そろそろ内装の本番作業がはじまった。
先ずはカフェの心臓部キッチン。

老朽化で破損した漆喰の内壁。
石膏プラスターで補修。
日光珈琲 078.jpg 日光珈琲 079.jpg 日光珈琲 081.jpg

清潔感ある白でペンキを塗る。
写真はお隣Cocoloyaの森田君。
自分のお店を製作中だが、ほぼ完了ということで助っ人に。

日光珈琲 083.jpg 日光珈琲 080.jpg

次回へつづく。




 
posted by 饗茶庵 at 01:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12畳一間

日光珈琲 075.jpg 日光珈琲 076.jpg 日光珈琲.jpg

ずっと手を付けていなかった一番端の2部屋。
6畳間と押入れ付の4畳半。
そのまま個室として生かすべきか、それとも・・
悩んだ末、壁を壊して12畳一間に。
壊して正解だと思う。

明るさと清潔感がでた。
この空間だけでも何かお店ができそう。
posted by 饗茶庵 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

外壁

日光珈琲 050.jpg 日光珈琲 054.jpg 日光珈琲 062.jpg

アナログさんの仮オープンで、一番目に付く外壁の塗装に取り掛かる。
割れ目をコーキングし、シーラーを塗布。
ペンキを二度塗り。写真はアナログ店主と大工のAちゃん。
日光珈琲 061.jpg

ついでに建具も塗装。ガラスは後ほど入れ替えの予定。

先日の大雨で、大幅に時間が掛かったが、ようやく目に見えるところは完成。


posted by 饗茶庵 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナログブックス 仮オープン

日光珈琲 058.jpg

9月18日(木)
隣接するショップ アナログブックスが仮オープンいたします。
http://analogbooks.blog117.fc2.com/

仮オープンに伴い、現場見学会開催いたします。
まだまだカフェには程遠い状況ですが
ご来場の方にはコーヒーサービスいたします。
お気軽に覗きに来て下さい。
posted by 饗茶庵 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

耐震補強

日光珈琲 047.jpg 日光珈琲 042.jpg 日光珈琲 043.jpg

何やらいたるところに×××。

このところ地震が多い。
築100年の建物。壁を壊したり、柱を取るとやはり構造的不安が。
「古民家カフェ、地震で崩壊!」なんてならないように

耐震用の筋交い。配置しました。
かなり目立っているので偽装はありません。
posted by 饗茶庵 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

雨漏り対策

日光珈琲 035.jpg 日光珈琲 024.jpg 日光珈琲 034.jpg

土台の朽ちの原因は雨漏り。
屋根の錆びたトタンには所どころ穴が空いていた。
全てを張り替えるとなると経費も時間もかかりすぎる。
痛みのひどい箇所からトタンの上から波トタンを張ることに。

日光珈琲 025.jpg 日光珈琲 037.jpg 日光珈琲 029.jpg

屋根からの風景。



posted by 饗茶庵 at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

再始動!

日光珈琲 001.jpg日光珈琲 005.jpg日光珈琲 007.jpg

「何としても年内中にはオープンしなければならない!」

今更ながら、今まで支払った家賃の額を見て愕然とした。
そう、もう2年も家賃を支払いながら、ノラリクラリとしていた私も、尻に火がついた。とはいうものの、素人一人の作業、急にはかどる訳が無い。

そんな時の頼りの綱は、そうこの人、大工のAちゃん。

日光珈琲 004.jpg 日光珈琲 008.jpg

朽ちた柱、土台の入れ替え、構造上必要な筋交いは、やはりプロに任せることにした。私は棟梁の元で梃子となりトイレの解体と釘抜き。

まだ、残念ながら店作りを楽しむところではない。
古い便器を抱きかかえながら、これが、「産みの苦しみ」というものか?などと、一人問いかける。

posted by 饗茶庵 at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

男体山登頂

男体山登拝祭に参加した。
8月1日午前0時より日光中宮伺二荒山神社を出発し、山頂にてご来光を拝むという行事。
建設中のカフェと自家焙煎珈琲の成功を祈願するための試み。
と、いうよりも結構、軽いノリのイベントのつもりで行ってしまった。
jR 006.jpg jR 003.jpg

が、やはり栃木で、一番高い山。栃木の頂点を目指すというのは、そう甘いものではない。ということを身体を張って実感した。日の出には時間はたっぷり、と余裕のペースで登っていたが、途中6合目すぎからの岩場でペースダウン。ヒィーヒィー言いながらやっとの思いで、山頂到着。ぎりぎりご来光に間に合う。
jR 010.jpg jR 017.jpg

到着後休むコンロとパーコレーターを準備。
この為に焙煎したタンザニアを抽出。
山頂では標高が高いため、お湯の沸点が自然と低くなる。
男体山の場合、沸点はおおよそ93℃パーコレーターでの抽出でもなかなか良い条件になってくる。
まあ、細かいことは別として、あの環境で飲む珈琲の味わいは他には変えがたい、最高の味だろう。
jR 020.jpg jR 016.jpg

そんな感動を伝えられるようなカフェができたら・・・。
改めて、頑張らないと。と思った。

posted by 饗茶庵 at 12:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

小屋

ご無沙汰の更新。
カフェ作り。まったく進んでいない。
なぜなら
小屋。
1棟建ててました。

本店隣、根古屋路地沿いに小さな小屋。
新しい焙煎機を入れるための小屋。
基礎に採掘場から頂いてきた大谷石を敷き詰め、
@ 026.jpg @ 032.jpg

ここから先はいつも頼りになる大工のAちゃんの出番。
@ 063.jpg @ 069.jpg

さすが職人。仕事が速い。

そしてようやく本日、焙煎機到着。
@ 071.jpg @ 073.jpg

なかなかの風景。
posted by 饗茶庵 at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

焙煎機

?????@ 038.jpg

菓子工房に
何やら怪しげな
マシーンが。

@ 045.jpg

@ 059.jpg

熱風式500g焙煎機
珈琲焙煎練習用です。
毎日、豆、焼いてます。
かなり、ハマッてます。

来週にはこれの8倍の4kg焙煎機がやってくる。

どうしよう・・・。
posted by 饗茶庵 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

菓子工房

久々の更新。
本店菓子工房が完成しました。

Lb` 001.jpg
Lb` 006.jpg

なんだかんだで1年かかった。


posted by 饗茶庵 at 04:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

そして何もなくなった

s 089.jpgs 090.jpgs 084.jpg

塵肺の不安も抱えつつも、乗りかかった船、
目の前に立ちはだかる壁はこれでもかと。
日ごろのストレスを吐き捨てるかの如く、一気に壁を破壊。
あまりストレスを溜めない私には、この壁こそが、今の壁。

気付いてみたら外壁まで。なくなった。
s 091.jpg

柱も壁もないただの小屋。
やっと始まる。
ここから始まるカフェ作り。


しかし、
明日は軽井沢。珈琲修行の旅。

来月中には本店の焼き菓子工房と珈琲研究所の完成が待っている。饗茶庵建設ラッシュ。

何時になるやら、カフェオープン?

そのうち何とかなるでしょう。



posted by 饗茶庵 at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

壁剥がし

今回は体中真っ白。
漆喰壁にやられた。
金槌ではたいてバールでおとす。
地道な連続作業。
目の前は真っ白。
s 036.jpgs 045.jpg

s 044.jpgs 057.jpg

剥がした漆喰は土嚢袋(10袋¥175)へこまめにいれる。
何袋できるか考えると恐ろしい。

しばらくは洪水が来ても大丈夫そうだ。
posted by 饗茶庵 at 23:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。